トップ

入会のご案内

へき地・離島画像支援センター

へき地・離島画像支援センターについて

当協会では、運営施設の練馬光が丘病院が読影施設となり遠隔画像診断を行っています。遠隔画像診断とは、依頼元の医療機関で撮影されたCTやMRIなどの画像情報を、ネットワークを活用して電送し、離れた場所にいる専門医が診断を行うことです。CTやMRIなどの医療検査機器による画像診断は、多くの疾患の診断に不可欠な方法とされ、全国各地の医療機関にめざましいスピードで機器の導入が進んでいます。しかし、全国的に医師の偏在による医師不足が深刻になっており、へき地においてはその確保、特に放射線科専門医については非常に厳しい現状となっています。そこで、これらの問題を解決に導く方法として考えられたのが、ネットワークを活用した遠隔画像診断です。

練馬光が丘病院施設

へき地・離島画像支援センターの活動

2023年4月1日現在、常勤専門医師6名(関連施設含む)、非常勤医師43名の体制でCTやMRIなどの画像診断支援を行っています。

いずれの医師も放射線診断専門医の資格を有しており、常勤医師に関しては、血管造影・IVR指導医の資格、乳癌検診マンモグラフィ読影の資格も有しております。

なお、これまでの遠隔画像診断実績は以下の通りです。

年 度 支援施設数 読 影 件 数
病院  診療所・複合施設
2018年度 20施設 10施設 30施設 45,973件
2019年度 20施設 10施設 30施設 48,401件
2020年度 19施設 11施設 30施設 47,636件
2021年度 19施設 11施設 30施設 50,689件
2022年度 19施設 11施設 30施設 60,560件
事業開始(2005年度)からの総読影件数 550,100件

IVRとは

Interventional Radiology (IVR)とは、画像(X線透視、超音波、CT、MRIなど)を用いて体内を穿刺したり、体内にカテーテルという細い管を挿入したりして行う治療行為です。
外科的手技に比べて身体にあたえる負担が少なく、画像で確認しながら治療を行うことで病気の場所だけを正確に治療することが可能となります。
IVR治療は現在出血時における救命などの急性期病変に対する治療から、末期がん患者に対する緩和ケアまで、幅広い分野で行われています。

へき地・離島画像支援センターでは、契約施設の画像診断を行うことだけではなく、契約施設での要請に基づいて、各地にIVR専門医が赴いてIVR治療を行っています。また、IVR手技の適応があるかについてのコンサルテーションも受け付けています。

胆嚢動脈仮性瘤に対する動脈塞栓術

胆嚢動脈仮性瘤に対する動脈塞栓術治療前画像

治療前

胆嚢動脈仮性瘤に対する動脈塞栓術治療後画像

治療後

転移性肝腫瘍による下大静脈狭窄に対するステント留置術

転移性肝腫瘍による下大静脈狭窄に対するステント留置術治療前画像

治療前

転移性肝腫瘍による下大静脈狭窄に対するステント留置術治療後画像

治療後

IVR支援実績数

年度 支援件数
2018年度 16件
2019年度 15件
2020年度 13件
2021年度 14件
2022年度 15件
事業開始(2009年度)からの総支援件数 262件

主なIVR支援実績

  • 肝細胞癌に対するTACE
  • 転移性肝腫瘍に対する動注化学療法
  • 転移性肝腫瘍による下大静脈閉塞に対する下大静脈ステント留置術
  • 胃静脈瘤に対するBRTO
  • 消化管出血に対する動脈塞栓術 (結腸憩室出血,十二指腸潰瘍,胆嚢炎の胆嚢動脈仮性瘤,後膵炎後の仮性瘤,膵頭十二指腸切除術後の仮性瘤からの出血など)
  • 内臓動脈瘤に対するコイル塞栓術(脾動脈瘤,下膵十二指腸動脈瘤,気管支動脈瘤など)
  • 腫瘍による出血に対する動脈塞栓術(S状結腸癌膀胱浸潤,脾腫瘍など)
  • Segmental Arterial Mediolysisに伴った出血に対する動脈塞栓術
  • 外傷による出血に対する動脈塞栓術・・・骨盤骨折,脾損傷,上臀動脈仮性瘤など
  • NOMIに対する塩酸パパベリン動注療法
  • 遺残胎盤に対する子宮動脈塞栓術
  • 喀血に対する気管支動脈塞栓術
  • 閉塞性動脈硬化症に対するステント留置術
  • 膿瘍に対するドレナージ術
  • 画像ガイド下での生検術
  • 画像ガイド下でのカテーテル留置術


これらの支援は、日本IVR学会認定IVR専門医である医師によって施行されています。

地域医療研究所コンテンツ一覧

地域看護研究センター


地域看護研究センター

医療チームのオピニオンリーダーとして、連携や調整能力はもちろん、豊かな感性や人間性を兼ね備えた看護師・介護職員の育成を目指しています。

へき地医療研究センター


へき地医療研究センター

全国のへき地医療支援機構のサポートのほか、平成13年から厚生労働省の補助事業で行ってきたへき地医療情報システムを、現在協会独自で継続・発展させています。

ヘルスプロモーション研究センター


ヘルスプロモーション研究センター

市町村や保健所のヘルスプロモーションの展開を支援するとともに、わが国におけるヘルスプロモーション推進に関する研究を行う機関として設立されました。

地域医療安全推進センター


地域医療安全推進センター

地域の医療安全推進を図るために、医療安全管理体制構築の支援、リーダーシップを発揮できる人材育成及び医療安全に関わる研究を行う機関として設立しました。

へき地画像離島センター


へき地・画像離島センター

放射線科専門医が不足しているへき地において、放射線診断専門医の資格を有した医師がネットワークを活用したCTやMRIなどの遠隔画像診断を行っています。

公衆衛生ねっと


公衆衛生ねっと

地域医療と公衆衛生従事者の交流を促進し、両分野の連携を深めるためのネットワークづくりを行っています。

JADECOM-PBRN


JADECOM-PBRN

地域の最前線で診療活動しながら、ネットワークを構築して地域医療の現場を研究発信しています。

生涯教育センター


生涯教育センター

e-Learningでのレクチャー形式による最新の研究・治療等の情報提供等、全国各地で地域医療を担う会員の生涯学習のサポートを行っています。