研究事業

地域における医療安全推進と医療の質向上を図る

公益社団法人地域医療振興協会地域医療研究所では、平成19年2月15日付け文部科学大臣決定「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)」に基づき、以下のような取り組みをすることといたしました。

純然たる公的研究費等の適正な運営・管理体制を目指し、その環境整備に目を向けながら、本来の社会発展の基盤となる研究推進に努めてまいります。

01.機関内の責任体制の明確化
最高責任者(全体を統括し、競争的資金等の運営・管理について最終責任を負う者)を理事長とし、また最高管理責任者を補佐し、公的研究費等の運営・管理について実質的な責任と権限を持つ統括管理責任者として、地域医療研究所長とする体制を構築します。加えて、各部局における競争的資金等の運営・管理について実質的な責任と権限を持つコンプライアンス推進責任者には、地域医療研究所事務部長を充てることとします。

公的研究費等の適正な管理・運営のための責任体系 PDF 80KB
02.研究費の適正な運営・管理活動
様々な競争的資金に対応するため、一本化したルールを定め、物品購入から出張等に至るまで不正が起きないようチェックを行っています。また不正に関与した研究者及び取引に関与した業者に対しては、各々処分を定めています。

公益社団法人地域医療振興協会 研究資金等における不正使用防止に関する規程 PDF 224KB
科学研究費事務処理マニュアル PDF 1,028KB
03.情報の伝達を確保する体制の確立
公的研究費等の不正使用等に関する機関の内外からの通報及び相談に対し適切に対応できるよう、通報窓口を研究所事務部に設置します。
また通報を受けた際には、ガイドラインが求める通報者保護や関係者守秘義務を遵守し、公平性をもって調査にあたることとします。

 通報相談窓口
 公益社団法人地域医療振興協会 地域医療研究所
 〒102-0093  東京都千代田区平河町2-6-3 都道府県会館15階
 TEL:03-5212-9152  FAX:03-5211-0515
 E-mail: kenkyujojimubu-kakenhi@jadecom.info
04.モニタリングのあり方
研究機関全体の観点から不正防止計画を推進するため、不正使用防止対策委員会を設置します。同委員会は、不正の発生要因の調査、不正使用防止計画の策定及び実施、進捗状況の把握等を行います。また、監査室は不正使用防止対策委員会と連携し、不正使用等を防止する体制及び不正の発生要因を検証することにより監査及びモニタリングを行います。

不正行為とは
不正行為とは、研究者倫理に背馳し、研究活動や研究成果の発表の本質ないし本来の趣旨を歪め、研究者コミュニティの正常な科学的コミュニケーションを妨げる行為を指す。具体的には、得られたデータや結果の捏造、改ざん、及び他者の研究成果等の盗用、二重投稿等である。
05.研究活動により得られた成果について
研究活動によって得られた成果は、客観的で検証可能なデータ・資料を提示しつつ、その内容について吟味および批判を受ける必要があり、故意による研究データの破棄や不適切な管理による紛失は責任ある研究行為とは言えません。
そのため、研究データを一定期間保存し、適切に管理、開示することにより、研究成果の第三者による検証の可能性を確保することを義務付けることとします。