左メニュー開始

最新情報(トピックス)

[2018.11.30]   お知らせ

感染症診療看護師について


 診療看護師とは、医師不在時等においても迅速かつ安全な医療を提供できるよう、あらかじめ作成した手順書(※1)に沿って、特定行為(※2)をはじめとする診療行為を行うことができる看護師です。当院では、大学院の修士課程を修了し、日本看護協会の認定資格を持つ感染症看護専門看護師が、様々な職種と協働し、治療と看護の両面から患者さんに安心安全でより良い医療を提供できるように感染症診療看護師として活動しています。

※1手順書とは
 医師又は歯科医師が看護師に診療の補助を行わせるために、その指示として作成する文書であり、「看護師に診療の補助を行わせる患者の病状の範囲」、「診療の補助の内容」等が定められているものです。
※2特定行為とは
 診療の補助行為であり、看護師が手順書により行う場合には、実践的な理解力、思考力及び判断力並びに高度かつ専門的な知識及び技能が特に必要とされる行為です。