左メニュー開始

感染対策室

感染対策室


病院全体の感染管理を担う部署として感染対策室は設置されています。
感染対策は入院中の患者さんはもちろん、外来受診の患者さんやお見舞いに来られる方、院内の職員も対象となります。院内のすべての人に対し、感染対策が行えるよう院内感染対策委員会(ICC:Infection Control Committee)、院内感染対策チーム(ICT:Infection Control Team)、看護部感染管理委員会、抗菌薬適正使用支援チーム(AST:Antimicrobial Stewardship Team)が組織されています。感染対策室は院内感染対策を推進するため、関連部署の調整・補佐し、感染課題の総括をしています。

主な業務内容

1.院内感染対策に関する全般的な活動
2.院内感染対策に関する研修・教育の実施と管理
3.院内感染対策発生時の対応
4.院内感染に関わる院内組織の調整と補佐
5.感染対策に関する地域連携(感染対策推進のための研修・支援等)
6.抗菌薬適正使用に関すること(感染症治療のコンサルテーション及び介入)
ASTラウンド(抗菌薬・血液培養陽性・耐性菌等)
7.行政機関等との連絡調整に関すること

感染対策要領

感染予防対策

院内感染取り組み事項

院内感染組織図