左メニュー開始

臨床検査技術科

検体検査【一般検査 】

一般検査
尿の中にどんな成分、どんな細胞が出ているか調べます。まず、尿中に糖、蛋白、赤血球、白血球などが出ているか自動測定器で分析します。その後、どんな細胞が出ているか自動分析器や、尿を染色して顕微鏡を使って調べます。

検体検査【血液・凝固検査 】

血液・凝固検査
血液中の細胞を検査します。採血された血液で赤血球数、白血球数、ヘモグロビン濃度、血小板数や白血球の分類を分析器を用い、自動的に測定します。また、赤血球の形態や白血球の種類と割合を調べる為に標本を作り、染色して顕微鏡で観察します。また、出血した際、正常に血液が止まるか調べる凝固検査も行っています。

検体検査【生化学検査】

血液中の成分を調べることで、どの臓器にどのような異常が起きているか間接的に調べる事が出来ます。検査結果は、測り方や表現(単位)によって、同じ検査項目でもまったく違う値になることがあり、測り方は病院によって違うことがあります。また、性別、年齢、生活環境などでも結果が異なる検査もあります。

検体検査【免疫検査 】

人間の体内では、体外からの異物(病原菌やウイルスなど)の侵入を防ぐために様々な防御機能が存在しています。それら免疫機能を検査しています。また、腫瘍の診断・治療に用いられる腫瘍マーカー検査、感染症の検査も行っています。

輸血検査【血液型検査】

血液型検査
血液型は大きく、A型、B型、AB型、O型に分けられますが、この血液型を調べる検査です。またRh型や、赤血球に対する抗体(不規則抗体)なども検査しています。

輸血検査【交差適合試験】

輸血は、出血や貧血によって体の組織に酸素を運べなくなった場合などに行います。その為に、患者自身の血液と適合する血液を安全に輸血するための検査です。

輸血検査【自己血輸血】

手術の際、献血された他人の血液を輸血するのではなく、自分の血液を輸血することです。ウイルスなどの感染や、血液不一致による副作用などを防ぐことができます。しかし、誰もが自己血輸血で出来るわけではなく、必要な条件が満たされていなければなりません。

細菌検査

提出して頂いた尿、喀痰、咽頭粘液などをスライドに塗りつけ、標本を作製し染色します。染色した標本を顕微鏡で観察し、細菌の存在の有無を調べたり、細菌の形態などで病原性のある細菌かどうか推定します。 また寒天平板培地に塗りつけ、37℃のフラン器の中で24時間培養します。翌日、培地を観察し細菌が培養され繁殖しているか確認します。

生理機能検査【心電図検査】

心電図検査
心電図とは、心臓の動きにともなって生じる電気活動を、からだの表面からとらえて記録する検査です。不整脈の有無や、心臓の筋肉の状態をしらべます。

生理機能検査【脳波検査】

脳波検査
頭にたくさんの電極をつけて、脳が働いている時の電気活動をとらえたものが脳波です。こちらから電気刺激を与えることはありませんので痛みは伴いません。

生理機能検査【呼吸機能検査】

呼吸機能検査
肺から出入りする空気の量などを測定して、肺の働きを調べる検査です。呼吸器疾患の重症度を調べたり、手術の前に肺の働きをチェックするために行います。

生理機能検査【超音波検査】

超音波検査
超音波とは、人の耳に聞こえない高い周波数の音です。その音を電気的に処理をすることによって映像化してからだの中の形態や血液の流れを調べることができます。

生理機能検査【PSG(ポリソムノグラフィー)検査】

一晩入院して、睡眠中に病的なできごと(いびき、呼吸の乱れ、無呼吸、不整脈など)が出現していないかどうか、睡眠と関連して起きる病気がないかを確認する検査です。脳波、目の動き、筋電図、呼吸活動、心電図、血中の酸素濃度など、たくさんのセンサーを体に付けて睡眠中に記録します。

クリニカルインディケータ