左メニュー開始

スタッフ紹介

診療科

内科

笹井 平
横須賀市立うわまち病院小児科で研修中の中年医者
 平成20年4月から診療所で働いています笹井平と申します。
 地域医療、僻地医療の魅力は患者さんとのほのぼのした暖かい関係が築けること、そして自分が必要とされていることを実感できることではないかと強く感じています。
 生まれは和歌山の御坊市、育ちは大阪の住吉、大学は鳥取大学です。趣味は合唱です。どうぞよろしくお願いいたします。


その他

看護師

山本 知子
みなさん、こんにちは。山本知子です。 出産、育児のため看護師を休業していましたが、復活したしました。出身は埼玉県。8年前に海のきれいな 田子へと転居してきました。明るく、楽しい地域医療を目指して頑 張っていきたいと思います。よろしくお願いします。
依田美也子
こんにちは。 5月より田子診療所でお世話になります依田美也子です。 住まいは松崎町です。 主人と主人の両親 小学4年生の長男 2才の長女と住んでいます。 出身は北海道の道南地方で、サラブレッド(競馬)と日高昆布の町に19年間住んでいました。 松崎町では9年目になります。 伊豆の気候は温暖で、人々も心が温かくて住みやすい所と実感しております。 また 食べ物も美味しく、海の幸山の幸と豊富で肥る一方です(笑)。 北海道ではミカンの木がないので(りんごの木はありますが)ミカンが木になっている姿を初めて見た時はとても感動的でした。こんな私ですが 田子の皆様 患者様のお手伝いができますよう精進したいと思っております。 宜しくお願い致します。
スタッフ全員で
田子診療所の売りはスタッフのスマイルです。
青木 弓子
海の見えるところで働きたいと思い、平成31年3月に西伊豆町に引っ越してきました。地域の皆さんのお役に立てるよう頑張りたいと思います。よろしくお願いします。
菊池 亜紀
平成31年4月15日から勤務させて頂いています。現在、松崎町に住んでいます。出身は長崎県なので海が見える田子の雰囲気が好きです。これから、皆さんのお役にたてるよう頑張りますのでよろしくお願いします。

臨床検査技師

西木 三香子
この度、田子診療所で働くことになりました、臨床検査技師の西木(にしき)と申します。この辺りではあまりない名字ですが、安良里生まれの安良里育ちです。
 臨床検査技師という資格にあまり馴染みがない方もいらっしゃるかもしれませんが、色々な検査を得意とする仕事です。血液検査のこと、内視鏡検査のことなど、何でも気軽に聞いていただけたら嬉しいです。どうぞよろしくお願いいたします。

事務部

山本 授里
安良里から大田子に嫁ぎました。子育てをしながらの仕事は大変な時もありますが、大田子の父母や周りの方々に支えられ安心して働くことができ感謝しています。
 私自身まだまだ日々勉強です。少しでも患者さんのお役にたてるようがんばりますのでこれからもどうぞ宜しくお願いします。


椿 智江
高校卒業後、医療事務専門学校へ行き、そろそろ地元に帰ってきたいなぁ・・・ と思っていた所、田子診療所が開院すると聞き平成11年5月から働かせていただく事になりました。私たちが日々やっている仕事は、レセプト以外に“介護保険の請求や一人暮し・家庭の事情で診療所にこれない方の集金に行ったり、患者さんの送迎をしています。これからも一生懸命努力してまいりますので、宜しくおねがいします。
長島 恵美
 初めまして。2年間、東京の専門学校で勉強して、伊豆に戻ってきました。 歯医者や他の病院で働いていましたが、5月から田子診療所で働かせていただくことになりました。
 田子で生まれ育ったので、こちらで働けることを嬉しく思います。
今、1歳半の男の子の子育て真っ最中です。仕事と子育ての両立は大変ですが、周りの人たちに助けてもらって、なんとか頑張っています。
早く仕事を覚えて、みなさんのお役に立てるように頑張りたいと思います。ご迷惑をおかけするかと思いますが、一生懸命頑張りたいと思いますので、よろしくお願いします。
田所 富美和
患者さんの送迎を担当しています。

栄養士

佐野 ちえみ
田子診療所で栄養指導を支援している管理栄養士の佐野ちえみです。どうぞよろしくお願いします。普段は、自宅(全国料理学校協会検定校.とも料理教室)で料理を教え、又、栄養士の役職として、静岡県栄養士会理事3期、そして今年の4月より日本栄養士会全国地域活動協議会幹事として勉強をしております。田子診療所は、患者さんとの間に、ほのぼのとした、家庭的な温かさを感じる場です。そこで、やりがいのある仕事をさせてもらい、いつも感謝しております。栄養指導の時に心がけている事は、指導でなく、じっくり話を聞き、話しをしながら心から支援していくことだと思っています。私達は、生きていく為に食事をとります。食品の中に含まれる栄養素で、古い細胞を新しい細胞に作り変えられています。食べた食品で病気にもなり、健康でもいられます。簡単でもあり、とても難しいと思います。その手助けができるよう、患者さんと話し合うことで身体の変化と問題点に気づいてもらいます。普段、患者さんと話をしていると、その大変さが伝わってきます。問題点を確認しながら、患者さんのやる気に火をつけニーズにあった行動目標を一緒に決めていけたらと思います。何もできない私ですが、多くの方の病気が治るよう努力していきたいと思いますのでよろしくお願いします。

看護助手

辰口 若咲
電子カルテ入力や診療介助を担当しています。