左メニュー開始

入院のご案内

入院時の手続き

@入院を予約されている患者さんには、入院日、病室が決まり次第ご連絡いたします。
A当日は、指定の時間までに1階正面受付窓口@番にお越しください。
B外来での入院時説明、検査(必要時)後に病棟にご案内いたします。
C1階正面受付で入院の手続きを行いますので、以下のものをご準備ください。
 (保険証は該当するもの)

 □ 健康保険証    □ 後期高齢者受給者証  □前期高齢者受給者証
 □ 診察券      □ 入院誓約書      □保険等手続き確認票
 □ 退院証明書 (過去3ヶ月以内に他施設での入院があった場合)

 ※次の受給者証、認定証をお持ちの方は併せてご提示ください。
 □ 後期高齢者医療限度額適用・標準負担額認定証
 □ 健康保険限度額適用認定証   □ 特定疾患医療受給者証
 □ 身障者手帳、受給者証  

★病院からのお願い
 当院または、他の病院でのお薬を服用されている方は、入院する際に服用中の
 お薬とその内容が確認できるもの(お薬手帳)を必ずご持参ください。
★仕事中や交通事故による怪我等で入院する方は、事前に受付でお話しください。
★医療費が高額になる場合は、「高額療養費制度」による高額療養費限度額適用
 認定証の利用をお勧めします。

入院時に持参するもの (持ち物には全て名前を記入してください)

@洗面用具、コップ、箸、スプーン等。
Aスリッパ、またはズック靴。
B肌着等の着替え、上に羽織るもの。
Cバスタオル2〜3枚、タオル2〜3枚。
Dティッシュペーパー、その他身の回り品(シャンプー・リンス・ボディーソープ等)
E寝具は不要ですが必要に応じて、タオルケット、毛布等ご準備ください。
F洗濯用(汚れ物等)を入れる大きな袋・入浴時用の大きな袋
G必要な方は食事用エプロン、つめ切り

※入院セット用品(寝具・タオル類)をご希望の方は、各病棟看護師へお申込みください。

転倒・転落を予防するために

入院されると、生活環境の変化と病気・けがによる体力・運動機能低下から、思いも
かけない転倒・転落事故が起こることがあります。転倒・転落を防ぎ、安全を高めるため
に、患者様・ご家族の皆様に次のことについてご協力をお願いします。

1. めがね、補聴器、杖をお使いの方は入院の際にご持参ください。
2. 足にあった靴をご用意ください。
3. 歩行が不安定な方は、ひものない運動靴のようなもの
4. パジャマをお持ちになる方は、裾が長すぎないものを用意ください。
5. ベッドの周りに荷物を置かないでください。
6. 動くものには、つかまらないでください。
   (車輪のついたテーブルやブレーキのかかっていない車椅子など)
7. けがや麻痺のない方の足からベッドの乗り降りをしましょう。
8. 移動に不安を感じるときは、いつでも遠慮なくナースコールを押してください。

各病棟のご案内

病室は全室2階フロアとなっています。
1病棟 地域包括ケア病床(55床)[H29.4.1より]
2病棟 一般急性期病床(55床)
3病棟 回復期リハビリテーション病床(60床)

地域包括ケア病床とは急性期の治療が終了し、状態が安定した方の在宅復帰に向けて支援を行っていく病床です。
一般急性期病床とは発症した疾患に対し、急性期治療を行う病床です。
回復期リハビリテーション病床とは急性期の治療を終了し、在宅復帰に向けて集中的にリハビリテーションを行う病床です。(別途、適応患者の規程があります)

入院費のお支払について

●入院医療費の計算方法が変わります
 当院は、平成28年4月1日より厚生労働省よりDPC対象病院の認定を受けました。
 これにより、入院医療費の計算方法が変わりますので、ご理解いただきますよう、
 よろしくお願いいたします。

従来の入院医療費の計算方法は、治療にかかった費用を一つ一つ合計する方法です。(出来高方式)
新しい計算方法は、厚生労働省が 「病名や症状の分類」 ごとに定めた1日あたりの定額の医療費を基本として全体の医療費を計算する方法です。
(診断群分類包括評価制度(DPC/PDPS ※1))



※1 DPC/PDPS (Diagnosis Procedure Combination / Per-Diem Payment System)とは
 患者様の病名や症状を基に、厚生労働省が定めた1日当たりの定額点数である包括評価(投薬料、注射料、入院基本料等)と、出来高評価(手術料、リハビリ料等)を組み合わせて入院医療費を計算する方法で、医療の質の向上を目的に医療の標準化と透明化を目指すものです。

入院費のご請求は、毎月1回 (5日)に配布いたします。
(1日〜月末分を翌月の5日にご請求。)

請求書は医事課担当者が病室へお届けします。
1階会計窓口でお支払いください。
なお、入院中の方のお支払いは、
 平日は午後1時〜5時
 土曜日は午前8時30分〜12時です。
退院会計はお帰りになる前にお願いします。

お支払い方法は、直接窓口での現金支払いのみとなり、クレジットカード等はご利用いただけません。
お支払い方法についてのご相談は 1階相談窓口へお尋ねください。

その他、ご不明な点がございましたら、医事課入院係までお問合せください。

診断書について

入院中の生命保険診断書や証明書等は、1階 相談窓口で受け付けています。
これらの診断書等は作成に1ヶ月ほどかかる場合もありますので、ご了承ください。
ただし、勤務先等に提出する診断書は担当医師、又は病棟看護師にお話しください。

入院費用概算について(参考)

@窓口負担割合が3割の方
 診断群分類により請求額が異なります。
A前期高齢者受給者証、後期高齢者受給者証該当の方で負担割合が1割の方
 1ヶ月の医療費限度額は44,400円、食事負担金合わせて約80,000円

※所得により医療費の窓口負担額が減額となる場合があります。

特別の療養環境に係る病室・料金一覧(室料差額料金について)

当院の1日にかかる室料差額料金は、下記のとおりです。(消費税込み)
なお、当該料金は、午前0時入室より発生します。

区分 室料差額
(消費税込)
病 室 備考
特別室 3,780円 第1病棟 113号室 バス・トイレ・シャワー
・応接セットあり
第2病棟 215号室
個室A(1床) 3,240円 第1病棟 115号室、116号室 トイレあり
117号室、118号室、127号室
120号室、121号室、122号室
第2病棟 216号室、217号室、218号室
220号室、221号室、222号室
223号室、225号室
個室B(1床) 1,080円 第3病棟 301号室、302号室、303号室 トイレあり
305号室、313号室、315号室
316号室、317号室、326号室
327号室、328号室、330号室

その他

★入院中に他の病院もしくは診療所への受診は原則できないことになっています。
 他院受診が必要な方は、主治医へご相談ください。
★入院中の患者さんにはリストバンドを着用となっています。入院中は外さないよう、
 お願いします。
★当院は全館(院内・敷地内)禁煙となっています。ご協力をお願いします。
★原則として付き添いは必要ありません。ただし、主治医が特に付き添いを認めた場合や
 主治医の指示による場合のみ許可しています。なお、患者さんの負担による付添介護は
 認めていません、ご了承ください。
★特別の事情がない限り、入院中の外泊は認めません。やむを得ず外出・外泊をする場合
 は主治医の許可が必要です。
 外出・外泊を希望のときは、医師・看護師にご相談ください。
★面会時間は
 平日(月〜金)は、午後1時〜8時、
 休日(土・日・祝祭日)は、午前10時〜午後8時となります。
 ご面会にいらした方には、各病棟入り口で、面会申込用紙にご記入頂き、面会許可証を
 首から下げて病室にお入りいただく
ようにご協力をお願いいたします。
 なお、お帰りの際、面会許可証をもとの場所に返却してください。
★パソコンや携帯TV等の持ち込みは原則禁止とさせていただきます。
★入院中の駐車場のご利用はご遠慮いただいております。やむを得ない事情により利用さ
 れる場合は看護師へお申し出ください。また、ご利用中の事故、盗難等については当院で
 は責任を負いかねますので、ご了承ください。
★当院では、医療安全に関する部門を設置しております。
 医療費に関わること、保険等の手続き、生活、入院上の不安等の相談または、カルテ等
 の開示を希望される方は、1階相談窓口へご相談ください。相談は無料です。
 平日午前8時30分〜17時00分
 土曜午前8時30分〜12時30分(日曜・祝日はお近くの職員へお尋ねください)
★個室希望の場合は、入院予約時もしくは入院時に看護師までお申し出ください。
 ただし利用状況により予約をしても、ご希望に沿えない場合もありますので、
 予め、ご了承ください。
★病状等によりやむを得ず、病室・病棟の移動をお願いする場合もあります。
 予め、ご了承ください。

★回復期病棟については手順が異なりますので、こちらをご参照ください。

☆その他、ご不明な点などありましたら、看護師にご相談ください。

平成 29年 4月 現在