募集情報詳細

一覧へ戻る

平成28年度医学生奨学金貸与後期募集開始のお知らせ

2016.08.24

 

公益社団法人地域医療振興協会 医学生奨学金制度について


公益社団法人地域医療振興協会では、へき地に勤務する医師の育成、確保を図るため、学生を対象に奨学金制度を
用意しております。 この奨学金をご活用頂き、将来、当協会の一員としてへき地医療に従事されることを期待しております。

なお、この奨学金制度の内容は次の通りです。



<平成28年度後期募集要項>
募集人員  
若干名

募集期間 
【前期募集】平成28年31()~331(木) 【終了】
【後期募集】平成2891(木)930(金)

申込資格  
大学医学部に在学中の者
(既に将来、奨学金の貸与主体に奨学生が医師として勤務する意思があることを
主たる条件とする奨学金を他に受けている者は除く)


貸与額   
月額200,000

貸与期間  
大学の正規の修学年限(最大6年)

資金の交付 
平成28年10月分より毎月25日に、貸与者名義の口座へ振込み

初回振込日 
平成28年1125日(水) 初回に10・11月の2か月分振込

提出書類  
医学生奨学金貸与申込書(様式1
医学生奨学金申込自己申告書
在学証明書
成績証明書

申込方法  
前述提出書類を下記住所まで送付する。【930日(金)必着】

【送付先】  
102-0093 
東京都千代田区平河町2-6-4海運会館4
公益社団法人地域医療振興協会 総務部

選考方法  
書類及び面接により選考する。(但し面接選考は書類選考合格者のみ実施)

返還免除  
奨学生は、大学医学部を卒業後直ちに臨床研修に従事し、臨床研修後直ちに、奨学金の貸与を受けた期間と同期間を、
協会が指定する病院等(指定病院等)で勤務した場合には奨学金の返済を全額免除する。
また、奨学生が、後期研修プログラム等の選択により、指定病院等以外の協会施設での勤務を希望し、
理事長がそれを承認した場合、当該勤務期間の2分の1に相当する期間を指定病院等に従事したものとみなし、
当該業務従事期間の2箇月毎に、1貸与月額に相当する額を前項と同様に免除する。
この場合、指定病院等に従事した期間とみなされる月数の上限は、従事必要期間の2分の1までとする。
なお勤務期間が貸与を受けた期間に満たない場合は、貸与月額に勤務期間を乗じた額を免除する。


返還義務
以下のいずれかの事由に該当した場合には、
貸与を受けた奨学金(③~⑤
の場合には奨学金に10%の利息を付した額を含む)を、
その事由が生じた日の属する月の翌月の月末までに返還しなければいけない。

奨学生の大学医学部の退学、心身の故障、成績不良、死亡等
医師国家試験を二度不合格になったとき。
医師となった後直ちに臨床研修に従事しなかったとき。
医師となった後直ちに臨床研修に従事し、その後指定病院等に勤務しなかったとき。
医師となった後直ちに臨床研修に従事し、その後指定病院等に勤務した場合において、
 
その期間が従事必要期間に満たなかったとき。

契約   
協会と貸与を受ける者は医学生奨学金貸与契約書(様式2)を締結する。

保証人  
連帯保証人2名を必要とする(1人は父母、他の1人は奨学生及び奨学生の父母とは別に独立の生計を営む者)。

その他  
以下の医学生奨学金貸与規程に基づくこととする。 

本件に係る問い合わせ先
公益社団法人地域医療振興協会 総務部
Tel
  03-5210-2921  Mail info@jadecom.or.jp