地域医療研究所

地域医療研究所は、へき地医療の確保とその質の向上を主たる目的に、へき地を中心とした地域保健医療の調査研究を行う学術部門として、平成15年に開設されました。

地域医療研究所は、公益社団法人地域医療振興協会の活動を支える学術部門として、平成15年に開設されました。へき地医療の確保とその質の向上を主たる目的に、へき地を中心とした地域保健医療の調査研究を行っています。
現在のへき地を取り巻く医療環境は、まだまだ改善しているとは言えない状況にあります。へき地の医師不足がその中心的課題でもありますが、その一因として、専門医療偏重の医師養成システムが挙げられます。地域では必ずしも高度な専門医療ばかりを必要としているのではありません。専門医療への橋渡し的な役割をする総合医、家庭医といった存在が注目されています。研究所では、そういった地域ニーズに応えられる医師の養成や生涯教育プログラムの提供(各種講習会、研修会の開催、月刊地域医学の発行等)を行っています。
今日の多様な地域ニーズに対応するためには、単に医療サービスの提供だけでなく、福祉や保健サービスと一体となった包括ケアの視点も重要視されており、「ヘルスプロモーション研究センター」や「地域看護研究センター」は、地域社会と一体となってケアの質の向上に寄与しています。
へき地医療の支援は、協会全体の最優先課題でもあり、「へき地医療支援センター」では、全国のへき地医療情報を把握し、地域医療を担っている会員および医療確保に困窮する地域の支援を行っています。

地域医療研究所長 山田隆司

地域看護研究センター

医療チームのオピニオンリーダーとして、連携や調整能力はもちろん、豊かな感性や人間性を兼ね備えた看護師・介護職員の育成を目指しています。

地域看護研究センター詳細

へき地医療支援センター

全国のへき地医療支援機構のサポートのほか、平成13年から厚生労働省の補助事業で行ってきたへき地医療情報システムを、現在協会独自で継続・発展させています。

へき地医療支援センター詳細

ヘルスプロモーション研究センター

市町村や保健所のヘルスプロモーションの展開を支援するとともに、わが国におけるヘルスプロモーション推進に関する研究を行う機関として設立されました。

ヘルスプロモーション研究センター詳細

地域医療安全推進センター

地域の医療安全推進を図るために、医療安全管理体制構築の支援、リーダーシップを発揮できる人材育成及び医療安全に関わる研究を行う機関として設立しました。

地域医療安全推進センター詳細

へき地・離島画像支援センター

放射線科専門医が不足しているへき地において、放射線診断専門医の資格を有した医師がネットワークを活用したCTやMRIなどの遠隔画像診断を行っています。

へき地・離島画像支援センター詳細

研究事業

国及び民間の研究費助成事業を通して、様々な医療研究に従事する研究者を支援しています。

学術研究に係る不正使用防止に対する取組み